プノンペンのベトナム大使館


※このときのレートは、1ドル=113円=23千ドン=4070リエル程度です
※地図と旅程はこちらを参照。

 
プノンペン市内国道1号線、ベトナム大使館の前でバスを降りたのが12時50分ごろ。ホーチミン市タンビン区のサパコツーリスト車両基地を出ておよそ6時間である。ホーチミン市中心街からはやはり7時間弱という感じであろう。

 
ベトナム大使館のビザオフィスは正門を少し南に戻ったところにあった。案内の看板が出ているおりわかりやすい。若い女性、中国のパスポートを持った老婦人、いかにもな感じの初老のフランス人バックパッカーと待つこと15分ほど、13時5分過ぎに門が開く。ビザ料金は3ヶ月シングルの24時間後発行で70ドル。事前に調べていたより10ドル高い値段であった。48時間後受取なら10ドル安いのだが、木曜日申請・日曜日帰国のためそういうわけにもいかない。

 
申請用紙にあれこれ記入して提出すると、受付の若い女性は私のベトナム語を見てニヤニヤと笑う。言葉を交わすとさらにニヤニヤ。これはいつもそうなのだが、私のベトナム語はまだまだ稚拙なので、25歳から35歳くらいの女性の母性本能をいたくくすぐるらしい。その場で70ドルを払ってパスポートを預けると、「11月2日15時受取り」と書かれた引換券を渡される。いまから24時間パスポートが手元にないわけだから、パスポートとカンボジアビザのコピーは必ず事前に取っておくべきである。

 
 

プノンペンに来るのは実は6年ぶり2度目である(カンボジア自体は6度目)。前回はまだUBERもGRABもなく、いやそれどころかスマホもまだ普及し始めたばかりだったので、外国人観光客が市内を移動するには、徒歩か、バイクで客車を牽くタイプの独特なツクツク(トゥクトゥクという人もいるが、私はツクツクのほうが音があっていると思う)の1日借り切りしかなかった(都度借りは非常な無駄遣いになるため)。しかし6年の歳月はプノンペン市内の交通を大きく変貌させており、「Grab TukTuk」の名前で、スマホで簡単に小型の3輪タクシーを呼べるようになっていた。

 
 

Grabアプリ自体はベトナムで使っているものがそのまま使える。呼ぶ車両の選択肢に「TukTuk」を始めとしたいくつかが増え、ベトナムでチャージしたお金は使えない、というくらいしか違いはない。ベトナム大使館前から予約したホテルまでを選択すると、距離は5.5km程で料金は8200リエル。予約ボタンを押してほんの数分で運転手が到着し、名前と車両ナンバーを確認の上乗り込む。

 
 

乗り心地も悪くないし、バイクほどではないが小回りも効くようだ。なにより小さくて可愛らしいのがいい。

1人が「いいね」しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

    • 14
    • 8
    • 1,915
    • 13,187
    • 565,574
    • 14,400