Du lịch Việt Nam 2012/Aug/19 Part1 食中毒と書いてイニシエーションと読む、の巻


この記事の前提条件は1日目パート1を参照ください。
※この旅行記は帰国後に書いたものです。ブログの投稿日時を旅行当日に合せています。


4日目(8月19日)その1 食中毒と書いてイニシエーションと読む、の巻

ヤモリのうんこ、ヤバかったなぁ。でもあの程度気にしてたら露天で飯なんぞ食べられないよなぁと思いつつ、薬品を詰めたジプロック(今回すべての荷物は突然のスコールに耐えられるようにジプロックで小分けしていた)を明け、正露丸を3錠飲む。私は愛知県の出身なので実は正露丸にあまりなじみがない。もしかしたら初めて飲むのかもしれない。シャワーを済ませ日付が変わる頃に眠りについたのだが……。

 

ぞくり。

 

やばい寒気がする。おなかの調子もおかしい。とりあえずトイレに行ってみると、緑色の下痢便が水鉄砲のように出るわ出るわ。吐き気は若干あったが、吐くほどではない。しかし下痢がひどいので、高いのは分かっているが冷蔵庫に入っているミネラルウォータをがばがばと飲み、塩タブレットを齧る。あっという間にトイレットペーパーは底をついた。……トイレに流せるティッシュ持ってきててよかった。長距離サイクリングの経験が役に立つ。

耐えかねて、緊急用の薬でもないかとホテルのフロントに行くが、時計は2時を過ぎており、男性スタッフは毛布をかぶって寝ている。あまり英語が通じないので意思疎通も難しいのだが、「今は何もできない。7時になったらまた来てくれ」とのこと。部屋に戻るが眠れないので、状況を説明するためにノートに状況を書き出す。

 

クリックで拡大します

 

昨日 午後6時 ECO Phamacyで買った便秘薬を飲んだ
昨日 午後7時 便秘が治った
昨日 午後8時~9時半 卵焼き、ミーサオ、チキングリル、ビールを飲んだ。飲んだ場所はこの図のサンミゲルレストラン
昨日 午後9時半 ビアグラスにヤモリのうんこのような異物あり。レストランスタッフに尋ねると「木から落ちてきた」
昨日 午後10時 セイロガンという日本ではメジャーな腹痛の薬を飲む

今日 午前1時 寒気と下痢

 

この程度のことはベトナムでは普通だというのなら、普通の対応をする。つまり、水分をとって薬を飲んで安静にする。普通ではないなら……

 

そういうことを書き出しているうちに、4時ごろ眠ってしまった。

最初の「いいね」をつけてみませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*