Du lịch Việt Nam 2012/Aug/18 Part1 朝食食べてお茶をして。出た!地元の女の子のおごり!


この記事の前提条件は1日目パート1を参照ください。
※この旅行記は帰国後に書いたものです。ブログの投稿日時を旅行当日に合せています。


3日目(8月18日)その1 地元の女の子のおごりきたー!

 

朝食
今日もホテルで朝食

 

あまり眠れなかった。5時間程度だろうか。途中で何度も起きたし。

朝食は昨日と同じビュッフェ。麺は昨日と違い、ちょっと太めのもの。どちらかがブンで、どちらかがフォーなのだろう。ジュースはパッションフルーツ。しかしこちらの人はとにかくトマトを食べるなぁと関心。お箸は、使い捨てにしてはしっかりした丈夫なものでした。

食事のあと、フロントのスタッフに部屋の移動時間を確認すると、私が移動する先のトリプルデラックスのお客が早くチェックアウトしたので、すぐに移っていいとのこと。「ランドリーボックス以外は完全に部屋は空っぽである」と説明し、洗濯物の回収だけをたのむが、どうもランドリーもセルフで移して欲しいようで鍵をふたつ出してきたが、戸惑っていたら「じゃあランドリーは夜には届けるから」と新しい部屋の鍵だけを渡してくれた。

 

トリプルデラックス
トリプルデラックスは通り沿い。ファミリー向けのようだった(この写真は夜撮影)

 

今日の目的は、地元の人がいくところでとにかく食べること! そして路肩カフェ! あとは現地参加ツアーの予約、市内観光、そして便秘薬の調達(笑)。

まずは昨夜もいった「Shop & Go」でドライフルーツと水を購入。日本からもってきた塩飴がなくなったので、せめてドライフルーツでミネラルを補おうという作戦。合計で16,500ドン。その先、サークルKでキリンのカフェラテペットボトル 9,000ドン、ここのサークルKは店員のひとりに英語がちょっとできる娘さんがいます。

今日はタクシーも使おうと思ったのだけど、まずはブイチスァン通りの端までは徒歩で移動。Cổng Quỳnh(コンクイン)通りにぶつかったところに、地元民が使うスーパー「コープマーケット」があります。入ってみようと思ったのだけれど、カートを使わないといけない雰囲気で、コストコのように入り口ゲートが厳重。また、「万引き防止のため、おおきなバッグは預けないと入れない」という噂も聞いていたので断念、と、いうか! 隣に薬局を発見したので、そちらが優先です!

 

エコファーマ
ECO Pharmacy

 

まずは筆談と指差し会話帳で「便秘薬」の交渉。当初、「処方箋がないと」みたいな事を言われ、断念しかけたのだが、粘り強く交渉したところ、錠剤を出してきてくれた。1回1錠から2錠の便秘薬を5錠で1,000ドン。さすがに高級品も低級品もない商品は安い! ついでに筆談と身振り手振りで「汗をだらだら書く。ミネラルがなくなる。ナトリウムというか、ソディウムというか、塩が欲しい」と説明したところ、「錠剤か粉かどっちがいい?」と聞かれたので錠剤をたのむ。1,500ドンの錠剤を4錠で6,000ドン。

 

ソーチェー111
Xoi chè 111

 

朝食のあと部屋を移動したりして結構な時間がたっていたので、ここで軽く甘味でもと、近くの「Xoi chè 111」へ。ここはガイドブックにも載っており、メニューも英語、中国語、日本語、ベトナム語で記載。安心して入れる割には値段も安くいいお店だった。

席を確保し、さっそく指差し会話帳を駆使して、「写真つきメニュー」を入手。たのみたいものはいろいろあるのだが、メニューはあくまでも代表的なものが載っているだけだったのでよくわからないまま、標準っぽいチェー(冷ぜんざい&パフェのようなもの)を注文。

 

ソーチェー111
ベーシックなチェー。小豆とお餅とミルク入り

 

にこにこするよう心がけながら、チェーをすすり、向かいに座ってる女子3人組をチラ見していると、ひとりが英語で話しかけてきてくれた! 英語ベトナム語交じりで「日本人である」「観光に来た」「サイゴンははじめて」「とてもいい町」「この店もすばらしい」「めしがうまい」「東京の都庁のそばに住んでる」「コンピュータエンジニア」などと自己紹介。英語の堪能な24歳だという女の子が「この店わたしたちのお気に入り」「はじめてなんだったら、1回だけだよ、その代金私たちが払ってあげる!」

おごりキター!!!

そういえば、東京でもフィンランド人数人と居酒屋いったときに「俺いくら出せばいい?」と聞いたら「トンビコさん払わないでいいです、みんなで出しました!」と言われ、「マジで? ありがとー!」とはしゃいでいたら、日本語で「計画通り(ニヤッ)」といわれたことがある(ああ、アニメオタク……)

なんというか、そういう意味でモテる体質なんだろう(笑)。

最初の「いいね」をつけてみませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*