Du lịch Việt Nam 2012/Aug/20 Part3 ミトー、はちみつとココナツキャンディ


この記事の前提条件は1日目パート1を参照ください。
※この旅行記は帰国後に書いたものです。ブログの投稿日時を旅行当日に合せています。


5日目(8月20日)その3 はちみつとココナツキャンディ

 

次のココナツキャンディ工場までボートで移動。

 

ココナッツ粉砕機

殻を割ったココナッツは粉砕機で粉に。「白い粉が出てきます。たまに赤い粉が出てくるときがあって、それは作業員さんが指を……」というのは定番のジョークなんだろうなぁ。ここでは先に来ていた日本語ツアーのガイドさんの案内も聞けたのだけど、かなり訛りのひどい単語を羅列の日本語で、ヒューさんの英語のほうが分かりやすかった。

 

ココナッツキャンディ工場の少年

試食。汎用おみやげになるかなと笹風味のココナツキャンディ1パック30,000ドンを購入。帰国後アパートの大家さんにあげました。

 

無防備なわんこ

しかし、この国はそこらじゅうに犬がいる。猫はぜんぜん見かけないのだけど。

 

みつばち

同じ場所でローヤルゼリー茶を頂く。あまりに小さいので、最初はハエかと思ってたのだけれど、立派なミツバチでした。「日本のハニービーはこの3倍はあるから、これフライだと思ったよ」とヒューさんに言ったのだけれど、「え、それはキラービーじゃないの?」「いや、ハニービーがその大きさなの!」と最初は信じてもらえなかった。

 

ショットグラスにとまってこのサイズなので、本当にちいさい。

 

巣を触るサービスもありました。怖がってた人もいたけど、こんなちっこいハチ怖くないので平気。ローヤルゼリー茶は微妙な味だった。他にもニシキヘビを首に抱いて記念写真とかもやってみた。

 

次はサンパンに乗ってトータスアイランドに移動。

 

メコンで気になったのは、どの船のへさきにも書かれているこの目玉のデザイン。色使いやデザインは、古代の南日本(「隼人の盾」だとかそのあたり)と共通するものがありますね。九州の人はにわかせんべいそっくりだ、って言うかもしれません。

最初の「いいね」をつけてみませんか。


1件のコメント

  1. 辰の字 より:

    もちっとタレ目にしたらたしかににわか煎餅だw
    川舟は平ぺったいから余計にそう見えるねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*