最終日・サラワクラクサを食べて帰る

23

※このときのレートは、1リンギ=27円=5850ドン程度です
※この旅行の地図とインデックスはこちら

 
ホテルをチェックアウトしてまずは朝食に向かう。観光税は結局、1泊につき10リンギ取られました。

 

最終日の朝食はもちろんサラワクラクサ5リンギ50セン。コピ(コーヒー)2リンギ。

 
サラワクラクサは本当に美味い。世界で一番美味しい麺料理だと思う。鶏出汁とココナツミルクの濃厚なスープ、さらりとした軽い感触のビーフン、もやし、錦糸卵、えび、そしてサンバル(辛味噌)とライムの絞り汁。なんとかしてベトナムでも食べられないだろうか。

 
しばし休憩してからGrabタクシーを呼んで空港まで。なんとたったの13リンギ。到着日に空港で乗ったタクシーの半額近い。

 

空港ではまたスタバ。

 

出発案内をみると、昨日図らずも行ってしまったリンバンなどの表示も見える。MASwingsというのはボルネオを中心としたローカル航空会社だそうな。

 

この危険表示、マレー語、英語、中文、タミル語、ジャウィ文字かな?

 

飛行機は定刻通りにミリ空港を出発……

 
が、乗り継ぎ先のKLIA2で2時間のディレイ。今回の乗り継ぎでも、International Transfer の案内に従って延々歩いたら「ここじゃない」と追い返されるし、KLIA2の動線、マジでおかしい。

 

最後にKLIA2で食べたのはナシアヤム。

 
結局ホーチミン市に帰ったのは夕方かなり遅くなってからだった。

 
(終わり)

0